SLOTH
top

SLOTH

WHAT “SLOTH” BELIEVES

unite for individualization

relight the format

make our life creative

ABOUT US

CONCEPT

常に音楽が流れる室内に、対話の聞こえてしまう会議室。夜になったらムーディになる照明に、ライブラリスペースで突発的に始まるトークイベント。不定期で開催されるパーティーや、いつどのタイミングで開き、誰がホストで誰がゲストかわからないバーカウンター。それらはビジネスを生み出すための “COWORKING SPACE”ではなく、自分の感性を仲間と共に増幅させることのできる“COWORKING SALON”である。信頼できる仲間との対話によって増幅された感性は、その関係性がドメスティック(身内的)であればあるほど濃い濃度で発酵される。仲間内だけに存在した言語や表現は、一歩外に出るとその異質感により疎まれ、敬遠されるかもしれない。しかしそれでも仲間と共に独自に追求を続けた表現は、時間をおいて徐々に惹かれる存在になっていく、そして知らないうちにムーブメントと呼ばれるようになるのだ。恐らく街はこれまでもそういう波で更新されてきたはずである。

COWORKING SALON

コワーキングサロン(COWORKING SALON)とは「CO(一緒に)+WORKING(働く)+SALON(談話室)」。
一般的にコワーキングスペースは仕事をするための設備や環境が揃った場所ですが、SLOTHではコワーキングサロンを「共に働きながら談話をするための場所」と位置付けています。
集まって労働を行うのではなく、自分たちがやりたいことに向かって共に働くためには、互いにコミュニケーションをとり、感性を確認し合う行為が必要です。
個人のワークスペースというよりも、長時間滞在可能なカフェの方が近いかもしれません。音楽が流れ、様々な会話が聞こえる中で、個性を出し合いながら時間を共有できる空間です。
COWORKING SALON SLOTHはコンセプトの違う3つのエリア(SALON/LIBRARY/GALLERY)で構成されており、その日の気分で好きな席に座ることが可能です。

※LIBRARY/GALLERYについては不定期的に貸し出される可能性があります。

EXPLORE
MEMBER
EVENTS

SLOTHのコンセプトに共感するゲストを招いた懇談会や、LIBRARYを用いたトークイベントなど、オンライン・オフラインの様々なイベントを不定期に開催します。会員が自ら企画することも可能です。
EVENT
EVENT

BAR

ドラミートウキョウが運営する“BAR”という名のポップアップイベントスペース。約2mx2mの大きなテーブルの上にて様々なディスプレイが可能です。バーカウンターでは突発的にイベントが行われSLOTHのコミュニケーションを側面から支えます。
※この場所を使ったポップアップイベントの開催に関してはドラミートウキョウとコンセプト、料金、内装イメージ、運営方法などについて打ち合わせを行う必要があります。